三白眼が見つめる先に

音楽、本、結婚、家庭、育児、生活にまつわる日々の吐露

気持ちの遮断

「大丈夫なの?」って言いながら首を絞められている。

そんな感じなのだ。

無意識の残酷さ。

 

あの人は。

自分の弱さに気づいていない。

自分のキャパに気づいていない。

 

自分の言動の酷さにも気づかず。

「嫌い」と言えば「何で」と返事。

立証してるじゃん。今の会話や行動が。

しかも一度じゃない、何度も。

それで嫌わない方が、関わりを持ちたいと思う方が不自然でしょう。

 

対、自分。

自分の中にもあるもの。

嫌悪。

自分の欠点や禁じている事を相手にも見出すと、反応してしまうというけれど。

確かに、そうだね・・・。

 

伝えたのは、正論じゃ割り切れない感情の話。

空気読まずに正論振りかざす無神経さ。

相手の気持ちをよくも考えず、否定するところ。

 

今更私の気持ちをわかってくれなんて言わない、思ってない。

むしろ私の事を考えないで、対処しないでほっといてほしい。

でも、それだと自分がいたたまれないから、的外れな言動を取る。何かしなくてはと。

でも火に油。

 

「話し合い」なんてできない。

スタートから感情的なんだもの。

昨日、義母と私がもめて、私は夫に話さずにいた。

またそこでもめるからね。

でも義母は夫に報告。

それを聞いて気分が悪くなったから私にぶつける。

「何で言わないんだ」とか色々。

 

夫婦なんだから、言わないといけないのかもしれないね。

でも、話す前から無駄だとわかっているのに、話したくないよ。

私が責められて終わりなんだから。それも言ったけど。

夫婦で、家族である以上「話し合い」を全くしないわけにはいかない。

 

ただ、私に言及するのはやめてほしいと言った。

私の事をあなたが話さないでと。

情を持たないようにしないと接する事ができないんだから。

それについてとやかく言わないでほしい。

私の心の核心に触れる話をしないで。

生き方や考え方にとやかく言わないで。

 

私が夫への気持ちを遮断して義務的に接する事に関して

「感情持たないで生きていけるの?そんなの嫌だ」なんだって。

そりゃそうだよね。私だって嫌だよ。本当に好きな人と一緒にいたいし、夫婦でいたいよ。だから離婚の話も以前出たんだし。今回もしたけど。

ふたつしかない。

 

・離婚する

・離婚しないで気持ちの折り合いをそれぞれつけて継続していく

 

もう、ほんと、二人(義母と夫)には愛想がつきた。関わりたくないわ正直。

二人とも私とうまくやっていこうと「頑張ってる」らしいんだけど。

私はそんな気持ちない。

うまくやる方法は、干渉しないこと、距離をとること。

それに気づかず、距離縮めようとするからもめる。

そして私に同じこと求めないで。

「こんなにうまくやろうと努力してるのに」ってアピールしないで。

 

私も夫についてこれ以上考えたくない。

好きも嫌いも思いたくない。