読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三白眼が見つめる先に

音楽、本、結婚、家庭、育児、生活にまつわる日々の吐露

混乱

久々に夫と向き合って話してみた。

話すつもりはなかったけど、流れで。

必死に取り繕う。

うまくいくようにと。

そして話は「今後どうなっていきたいのか」というところまでいきつく。

私は

「覚悟を決めて、妻として嫁としてやっていく」と伝えた。

と同時に不安も抱えているという事も。

夫は

「このまま結婚を継続してもただの延命措置なら、意味がないなら俺は決断する」

決断→離婚

「お前に結婚を続ける気持ちがあるならそれはそれでその方向で考える」

「お前に子供3人は任せられないから、俺が引き取って母(義母)と暮らす」とも。

 

私は「結婚は続けると覚悟を決めた。けれど、揺らぐ時もある。けど、定めないと進めないから、定めないといけない。」

「離婚もひとつの方法」だけど

「私は継続して、今は大変な時期だけど、それを乗り越えた世界を見てみたい」

 ここら辺からほころびてくる。

涙が。

 

正直、今は離婚したい。でも、乗り越えたらどうなるのかも知りたい。

どちらも本音だ。

でも言った後すごく不安になった。

それは乗り越えられるのだろうかという事。

このまま継続する事はできるかもしれない。そう、「このまま」かもしれない。

「色々あったけどうまくいった」になるかどうか。わからない。

 

子供が独立して、夫と二人になった時、思い出を振り返って笑いあえるようなイメージ。できる?

 

涙が出るのは、なぜ?

 

「そんな二人になれない」と思ってるからだと思う。

 

そこまで夫には言ってないけど。

もう、ここで涙が止まらなくなって会話終了。

 

泣きたくないのに。涙見せたくないのに。

 

本当は全部話したい、泣きたいよ。

一番つらいのは話ができない事、そんな人が夫だという事。

やっぱり割り切れないよ。自分の気持ちに嘘をついて生きたくない。

それは心が死んでるのと同じ事だから。