三白眼が見つめる先に

音楽、本、結婚、家庭、育児、生活にまつわる日々の吐露

Happy Birthday

靖幸さん、52歳!

誕生日おめでとうございます。

これからもずっと、愛してる。

かけがえのないひと。

f:id:sanpakugan:20170814082845j:image

GINZAプレゼント企画


f:id:sanpakugan:20170813231700j:image

銀座線で靖幸ちゃんと会えるかもしれないの!?

これはとりあえず応募!

躊躇するベイベもいるようだけど、私は不安より会いたい気持ちの方が勝るわ‼

都内住みのメリットを生かさないとー(*≧∀≦*)

恐れていたことが

いつかそうなるんじゃないかと思ってたよ。でも、こんなに早いとは。

それは、再び夫と一緒に仕事する事になってしまうかもしれないということ。

一般的には、妻として家業を手伝うのが普通なのだろう。

私もかつてはそう思っていたし、実際一緒に働いていたし。

まだ働く事を正式に告げられたわけじゃないけど、

「覚悟しておけ」とは言われた。

従業員の退職で、人手不足になってしまうからと。

 

過去に一緒に働いていた時の事を思い返すと、私は八つ当たりの道具にされ、いいように使われるだけだ。

第一子供たちはどうするのか?

仕事は夜なのである。

 

まだ話し合っていないので憶測だけども、仕事の時だけ義母に来てもらおうと思っているんじゃないだろうか。

あんなに私と、夫とも揉めた義母を、また家に入れる気なのか、もしかして。

想像するだけで吐き気がする。

そして義母も望みはしないはずだ。

だけど、息子の頼みなら断れなくて、再び孫の面倒を引き受けるかもしれない。

それが一番避けたいこと。

その前に一緒に働く事自体に拒否の姿勢を示すけど、譲歩案を考えてしまうのが私なんだな・・・。

岡村ちゃんとユーミンさんとSuchmosと

先日申し込んだ岡村ちゃんのチケット、無事当選しました!

今まで外れたことなかったし、2階席じゃない限り当選するとは思っていたけど!

あとは入金忘れないようにしないと。

そして今朝はこの写真で1日幸福でした♪

f:id:sanpakugan:20170719212911j:imagef:id:sanpakugan:20170719212928j:image

ユーミンSuchmosと!

素敵な社交のお写真。

ユーミンさん、一回りも年下の靖幸ちゃんに抱きつかれて可愛いと思っただろうなー!

Suchmosの事もラジオで可愛いって言ってたしね。ヨンスと私が一回り違うから、私がヨンスに抱きつかれたようなもんか!?何か違う?ハイ。

こういうのは全然ジェラシー沸かないよなぁ。

大人の女性なら許せる。

色々教えてもらってむしろ(笑)

そんでもって靖幸!!頼むから親子くらい年下のコと付き合わないでねぇー!!

秋冬DATEエントリー完了

岡村靖幸秋冬ツアー、申し込み完了!

平日だけど中野に行くことにした。

母に子供たちみてもらって。

祝日のzeppと迷ったけど、夫が難色を示しそうだったからやめました。

靖幸さん、今夏はフェスにもたくさん出るのよね。でも行けないなやっぱり。氣志團万博はちょっと可能性あったけど・・・。

ワンマンに全力を注ぐ事にする!

好きな人と過ごす喜び

ここ一年位、もし自分が離婚したらと考えるのが常になってしまっている。

そしてもし離婚したら、再婚するつもりはない。

でも、好きな人は必要。恋人は欲しい。

結婚の何が嫌って、二人だけの問題じゃなくなるところ。

親戚付き合いや、お互いの実家の問題などが絡んでくるところ。

私は20代前半で結婚したので、当時は若さ故の未熟さで、好きな気持ちで全部乗り越えられると思ってた。でも実際は問題が起こった時、夫の本性が露わになり、不信感がどんどん募っていった。

 

正直、結婚は面倒だ。

でも、結婚生活は、自分を成長させるとても良い機会だと思う。

内田樹さんのインタビューにも、そう書いてあり、これは非常に納得。

「今よりも幸せになるために結婚してはいけない」思想家・内田樹による「困難な結婚」のススメ - Kekoon(ケコーン) - 結婚・結婚式・恋愛に関するサムシング情報をお届け!

実際、義母との同居が大きく自分を成長させる機会になったと思う。

「成長の機会を与えてくれた」という一点で見たら、そんな機会を与えてくれた夫に感謝すべきかもしれない。

実際は色んな感情が混じり、素直に感謝なんて思えないし、思い出すと気分が悪くなる。

そして「成長の機会」というより「試練」と言った方がしっくりくる。

合わせたり、伺ったり、我慢したり、調整したり、妥協したり、迫りくる試練の日々。

私は夫からそんな試練を与えられたくない。

「時に甘えたり、泣いたり、励まし合い、困難を乗り越えるのが夫婦」これが私の中にあって、夫とはそれができると信じていた。

現実は「試練を与えてくる人」であり私の思いは打ち砕かれた。

「励まされたり」「助けられたり」した記憶はない。

育児を全く手伝わないわけでもないし、家庭を顧みず遊んだり、金遣いが荒いなどというのはないけれど、肝心な時、頼りにならない。一度だけではない、ここぞという時に自己中な本性がむき出しになる。普段がそこまでではないので、余計に辛かった。

それは、もしかしたら結婚しなかったら判明しなかった事かもしれない。

だから結婚は深く相手を知るいい機会でもある。

深く知って信頼が深まる場合もあるけれど、不信感が募る場合もある。

良くも悪くも相手の事がわかってしまう。見えてしまう。

 

恋人同士で、週に数回会う程度ならそんなに面倒な事はないと思う。

結婚してもディンクスならまだいいかもしれない。

子供ができたら、そこからは大変になってくると思う。

 

結局私も自分優先なんだと思った。内田さんの記事にもある通り、1人暮らしで好きなものに囲まれて過ごすのが最高だと思って、それを奪う結婚て何?って。

「幼児性」があるからそう思ってしまうって。

 

でも私の場合順番が違う。

1人暮らししたことないし、実家では自分の部屋もなかったし、好きな事もこだわりも特になかった。

結婚してから好きな事ができたし、何より自分の特性がわかった。

これも成長の一つだと思う。これはメリット。やはり他人と一緒にいると自分が浮き彫りになってくる。特に夫と私は正反対の部分が多いから余計に気づきが多かった。

私は一人の時間が好きだし、好きな事に口出しされたくない、束縛も嫌。

 

でも恋人は欲しいと先に書いたのは、やっぱり「好きな人と居る」という事が、何物にも代え難い喜びだと知っているから。

これも結婚生活の中で、夫への愛情が冷めていく中でわかった事。

今は夫に対して「愛しい」という気持ちはない。

愛情がない相手と一緒にいる事の虚しさ。

好きな人と居る喜びを知っているがゆえに、その虚しさに泣き出したくなる時がある。

手を握っただけで安心したから。「かわいい」と言われた時嬉しかったから。キスしただけで溶けそうになる位ときめいていたから。

もう一度、そんな風に感じられる相手と過ごしたいと思うのは、わがままなんだろうな。

 

岡村靖幸「ROMANCE」DATE

やっぱり行って良かった!千葉公演!「ROMANCEツアー」最終日。千穐楽。最高でした!!

まだ3回しかDATE経験のない私ですが、今回が一番良かった!!

とにかく可愛さ爆発で、その中にセクシーさもありで、堪能いたしました。

で、席勘違いしていて、実際は2階でした。3階だと思い込んでた。

3階は、神奈川公演の時でした。

やっぱり2階の方が良く見える♪双眼鏡も持って行き、使いましたが、肉眼でもよく見え、周りは座ってる方が多かったので、とっても快適に見ることができました!

教訓・・・全体が見える2階席の方が満足度が高い。3階はやっぱりちょっと遠い。

ホールの1階はわからないけど、人の頭で見えなそう。いつかはホール席1階でも見てみたいけどね。そしてやはり椅子があるのありがたいね。アンケートで椅子とスタンディングどちらがいいかというのがあって「椅子席」に〇しましたよ・・・。

スタンディングの良さもあるけど、待ちで1時間、本番3時間立ちっぱなしは、辛いです。多分他のアーティストなら3時間もやらないよね。

 

今回の注目は何といってもセットリストの変更でした。

定番曲の位置、選曲。各地で入れ替えがあったり。見た方それぞれ思う所があると思うけど、私はとても良かったと思う!

ファン歴が浅いからそう思うのかもしれないけどね。

個人的に「祈りの季節」「ア・チ・チ・チ」が入ってなかったのが良かった。

「どぉなっちゃってんだよ」は今回入っていましたが、正直他の曲にしてほしかったなぁ。

「できるだけ純情でいたい」のアウトロは盛り上がりますね!DVDで何回も見てるのに、生で見て更に盛り上がる。けど!この辺りにして、次回はセトリに加えない方が新鮮さが保たれる気がします。

その代わり「新時代思想」を!

「ペンション」は他の方のブログで見ましたが、今の岡村ちゃんには合ってないんじゃないのかなぁと。声が?まぁ、難しい曲でしょうしね…。演奏も歌唱も。

「カルアミルク」「イケナイコトカイ」の声の伸び具合が素晴らしかったです。

特に「イケナイコトカイ」は今まで聴いた中で一番良かった!「イケナイコトカイ」だけは毎回、必ず歌って欲しいな。

わがままで自分勝手な内容になっております。

カバーはクレイジーケンバンドの「昼下がり」と大江千里さんの「MAN ON THE EARTH」2曲ともとっても素敵だった!!

前回の「シルエットロマンス」「PAPER DOLL」よりも合ってる感じがした。

 

パフォーマンスでは「いじわる」のマイクプレイとスタンドプレイですね…

マイクを股間に当てて、アレに見立てるプレイと、スタンド舐めです。

これは双眼鏡で見たかったのですが、衝撃に打ちのめされ、そんな余裕もなく。

マイクスタンドはじっとりと舐めてましたね。妄想が広がります。

これは、間近で見れた方が羨ましい!

アウトロの「2タイムス!」は通常より多く、かなり盛り上がりました。

 

「準備はいい!?」って客席への問いかけも「いいの!?いーの!?いーいのっ!?」

とこれまた普段より力を入れて、煽ってくれました。

そうして盛り上がったベイべ達を前に「あっそ」と素っ気なく言っていたような気がしました。(うろ覚え)

こういうのは映像作品では体感できない、ライブならではのもの!やっぱり観に来て良かったと思える瞬間です。

 

「揺れるお年頃」は間奏で「揺れるお年頃なの?」と問いかけ「さすってほしいの?」からのスタンドプレイが、もう、かなり、アレでした。

最初は普通にさすって、その後は「こっ、こう?」と手のひらを小刻みに動かし、ドコさすってるの状態に!いやらしいです。もっとしてほしいーっ。

妄想のネタをありがとうございました。

 

でも今回はどちらかと言えば可愛いパフォーマンスの方が大きかったですね。

アイドルのように顔を両手で挟み歩いたり、ペンギンのようなヨチヨチ歩きしたり!

こうして文面に起こすとアレですね、51歳のおじ様がそんな事するのって非ベイべから見たら「ありえない」事なんでしょうね、きっと。

噂に聞いていた「エアタバコ」もばっちり見る事ができて、これに関してはちょっと、笑ってしまいました。吸い方がオヤジ臭くて…(ごめんね)その後、両足で踏み消す姿も強烈に印象に残りました。

「SUPER GIRL」は踊りました、私も!側転は、神奈川の時より回れてたと思います。

でも、無くてもいいよ?と思ってしまう。怪我したら嫌だし。でもたぶん、好きなんでしょうね、やるの。可愛いなぁ(結局そこ)

弾き語りはピアノとギター、両方堪能できて、大満足。

その後の「Lion Heart」が良くて良くて・・・、だいすきです。

CDで聴いた時はそこまで好きと思ってなかったけど、それこそ、今の岡村ちゃんの歌声に合っているのかなぁ。「幸福」DVDで観た時からずっと好きです。クールダウン・・・て感じで。

でもそこから「愛はおしゃれじゃない」「ビバナミダ」と上がっていきますけどね。

これも好みが分かれる所なんでしょうか。

ビバナミダで上がって終わる感じ、私は好きです。「Out Of Blue」は切なくなってしまうので。楽しく終わりたい!「ツァイツェンッ!」てね。

さて、次回の秋冬は行けるのかどうか・・・。

フェスは厳しいなぁ。でも、会いたいなぁ。

f:id:sanpakugan:20170614120557j:image